SmileNet

毎年数千匹の保護された子猫の世話をする『子猫の保育園』の日常を紹介 10枚・動画

time 2016/01/25

毎年数千匹の保護された子猫の世話をする『子猫の保育園』の日常を紹介 10枚・動画

アメリカ・サンディエゴの動物愛護協会にある「子猫の保育園」。ここには毎年、数千匹の孤児となった子猫がやって来ます。
これらの新生児の子猫たちを「子猫の保育園」のスタッフさんたちは24時間体制で世話をしています。

保育園の一日はカプセルに保護されている手のひらサイズの小さな子猫の世話から始まります。
Image2475_1

生後間もない子猫には、哺乳瓶でミルクを飲ませてあげます。
Image2475_2

優しくブラッシングをしてあげるスタッフさん。
Image2475_3

子猫の成長過程に合わせて、栄養のあるご飯を用意。
Image2475_4

Image2475_5

掛け湯で体を綺麗に洗ってもうらう子猫。
Image2475_6

Image2475_7

子猫たちは常に清潔に保たれています。
Image2475_8

24時間体制で健康管理も万全で、子猫はすくすくと育っています。
Image2475_9

生まれて間もない新生児の子猫を世話するには24時間体制が必要ですが、それに掛かる財源が乏しく運営が厳しい状況のようです。

これ以上孤児の子猫を増やさないためにも、ペット飼育者は愛猫に避妊・去勢手術を施すなどして責任ある飼い方をして欲しいとのこと。

また、新たにペットを飼う場合はペットショップで買わずに、施設の子猫を里親として受け入れて欲しいとのことでした。

スポンサーリンク

down

コメントする




面白い乗り物

関連記事

カテゴリー



スポンサーリンク