SmileNet

人目も憚らず美術館から白昼堂々と1億円の絵画を盗んだ呆れた男

time 2019/02/02

人目も憚らず美術館から白昼堂々と1億円の絵画を盗んだ呆れた男

モスクワのトレチャコフ美術館での出来事。

大勢の来場者で賑わう美術館に一般客を装って現れた一人の男。

なんと人目も憚らず、壁に掛けられた絵画を落ち着いた様子で外し、来場者が居る一室を通って絵画を持ち去ってしまいました。

▼監視カメラが捉えた犯行の様子をご覧ください。

CCTV shows a man stealing a painting worth £1M in front of staff and visitors

絵画は19世紀後半のロシアを代表する画家の一人、アルヒープ・クインジの作品だそうで、100万ポンド(約1億4000万円)の価値があるとのこと。
Image6096_1

監視カメラにばっちり映っていたことから男はすぐに逮捕され、近くの工事現場に隠されていた絵画は損傷もなく、無事に回収されたそうです。
Image6096_2

あまりにも堂々とした犯行だったので怪しむ人が居なかったのでしょうかね。

高価な絵画が展示されている割には、美術館のセキュリティが甘そうですね^^;

スポンサーリンク

down

コメントする




面白い乗り物

関連記事

カテゴリー



スポンサーリンク