SmileNet

古くなった大量の卵を捨てた結果、数日後にはとんでもないことに・・・(ジョージア)

time 2018/09/06

古くなった大量の卵を捨てた結果、数日後にはとんでもないことに・・・(ジョージア)

ジョージア(旧グルジア)南部のマルネウリにあるゴミ処理場で起きた珍事。

古くなった有精卵を腐っていると勘違いした地元の養鶏業者は、大量の卵を処分してゴミ処理場に投棄していったのですが、卵は腐っておらず、太陽の熱で適度に温められた卵が一斉に孵化し、何百羽ものヒヨコが生まれていました。

▼動画をご覧ください。

現場では歩くのに苦労するほど、たくさんのヒヨコが元気に駆けずり回っていたそうです。

その後、ヒヨコたちがどうなったのか気になるところですが、この事態を受けてマルネウリのティムール・アバゾフ市長は記者会見を開き経緯を説明、ほとんどのヒヨコは騒動を聞きつけた地元民が持ち帰ったそうで、この珍事は無事収拾したとのことです。

スポンサーリンク

down

コメントする




面白い乗り物

関連記事

カテゴリー



スポンサーリンク