SmileNet

癒やしと笑いをお届けします

米カリフォルニア州フォンタナで繰り広げられた35時間に及ぶ子猫の救出劇

time 2015/12/21

米カリフォルニア州フォンタナで繰り広げられた35時間に及ぶ子猫の救出劇

米カリフォルニア州フォンタナ市にあるコストコ駐車場での出来事。
この日、買い物客が雨水の配水管から子猫の鳴き声がするのに気付き、助けを求めるためFacebookに書き込みをしたところ、ボランティアで動物保護活動をしているデイビッド・ループさんとその仲間の人たちが直ぐに現場へ駆け付けてくれました。

Image2273_1

続いてやって来た配管工事会社の人たちは、自発的に彼らの時間と入り組んで迷路のようなパイプ内をカメラで映し出して子猫の居場所を特定するのに役立つ器材を提供してくれました。

また、コストコは集まった人達にピザを無償で提供してくれました。

Image2273_2

ボランティアの人達は、子猫の鳴き声を聞きて位置を割り出して図面を仕上げ、そして大きな深い溝を掘りました。その作業は昼夜を通して行われました。

暖かい日中を通して夜はどしゃ降りの雨、そして凍えるような寒い夜もデイビッドは決して諦めませんでした。

Image2273_3

そして35時間後…ついに子ネコが引き上げられたのです!

Image2273_4

こうして子猫は、無事に保護されました。

悲痛な思いで様子を見守っていた周りの人たちの安堵の声が聞こえます。

Image2273_5

コチラが子猫救出時の映像です↓

大勢の人達の悲痛、汗、涙、そして決断力が子猫の救出に走らせたのだと思います。

ちなみに子猫は生後4週間の男の子でした。

多分、デイビッドはその子をPiper(パイパー)と名付けると思います(ノ∇≦*)

スポンサーリンク

down

コメントする




面白い乗り物

関連記事

カテゴリー



スポンサーリンク