SmileNet

炎天下の車内にヨーグルトを放置した結果、とんでもないことに

time 2017/08/10

炎天下の車内にヨーグルトを放置した結果、とんでもないことに

東欧の国、ベラルーシでの出来事。

ある猛暑の日に車内の後部座席にボトル入りのヨーグルトを放置したまま忘れていた男性、半日経って車に戻ってくると、とんでもない状況になっていたそうです。

▼コチラをご覧ください↓

後部左ドアの窓ガラスにヨーグルトがベッタリ!
Image4856_1

運転席の背もたれにも飛び散って悲惨な状況に。
Image4856_2
参照元:acidcow.com

どうやら、放置されたヨーグルトが暑さで発酵が進み、膨張して破裂したものと思われます。

布地の部分は拭き取っても跡形やニオイが残ったりして、完全には綺麗にならないかもしれませんね。

車内の掃除にかなりの時間を費やした男性、「二度とヨーグルトを放置しない」と心に決めたのでした。

スポンサーリンク

down

コメントする




面白い乗り物

関連記事

カテゴリー



スポンサーリンク