SmileNet

事故で意識を失った飼い主を心配して、側から離れようとしない健気な愛犬に胸が熱くなる

time 2017/05/24

事故で意識を失った飼い主を心配して、側から離れようとしない健気な愛犬に胸が熱くなる

ある日の土曜日のこと、アルゼンチンで暮らすジーザス・ヒューチェさんが、自宅前の木を剪定していたところ、誤って高さ約2mの高所から歩道に落ちてしまい、コンクリートに頭を強打してしまいました。

そのまま意識を失っていたヒューチェさんが、次に目を覚ましたときは、すでに救急隊員が到着していて、側には飼い犬が居ることに気付きました。

Image4595_1

そこには覆い被さるようにヒューチェさんにしがみついている飼い犬のトニーの姿があったのです。

Image4595_2

よほど心配だったらしく、救急隊員が応急処置をしている間も、飼い主さんの側を離れず、ずっと抱き締めていたのだとか。

Image4595_3

徐々に意識を取り戻してきたヒューチェさんは、「大丈夫だから、心配いらないよ」と数回頭を撫でてやりましたが、それでも心配なトニーは、救急車に一緒に乗り込もうとしたそうです。

Image4595_4

幸いにもヒューチェさんのケガは軽症だったため、すぐに病院を退院することができ、ふたりは喜びの再会を果たすことができました。

「ある日、通りであの子を拾って養子にしてから、愛情と食べ物を与え続けてきた。私たちにとってトニーは、息子みたいな存在なんだ」

Image4595_5

トニーにとっても、今や彼のお父さんは彼の世界そのもの。

今回の出来事で、ふたりの絆は一層深まったに違いありません。

これからも、幸せな日々を歩んでいくことでしょう!

参照元:thedodo.com

-【PR】-
自宅でできるワンちゃんの簡単トリミング

スポンサーリンク

down

コメントする




面白い乗り物

関連記事

カテゴリー



スポンサーリンク