SmileNet

悲嘆に暮れた表情で何時間も道路に横たわる1匹の犬

time 2015/10/31

悲嘆に暮れた表情で何時間も道路に横たわる1匹の犬

10月23日金曜日の朝、フロリダ州/ジャクソンビルにおいて、愛犬のパコを連れて散歩中のケリー・ブラックさんに考えられないような悲しい事件が起こりました。彼女はトラックに轢かれて亡くなってしまったのです。

トラックはケリーさんを引きずりながら進み、暫くして二人を置いて走り去ったそうです。

Image1960_2

パコは一人で逃げ出すよりは、むしろブラックさんからそう遠く離れていない事故現場の通りにずっと横たわっていました。

やがて救急隊員が到着し始めましたが、彼はその場にずっと留まり続けました。その様子は悲嘆に暮れたように見えました。
彼には飼主のママさん無しで家へ帰る事など想像出来なかったのです。

Image1960

ブラックさんの家族が彼を引き取りに到着するまで、パコは何時間も事故現場の近くに居続けました。
アクション・ニュースJaxのラッセル・コールバーン氏によって撮影されたビデオにはパコが家族に尾を振って挨拶する様子が映っていますが、彼はまだ飼主を探し続けているような素振りでした。

生前のケリー・ブラックさんと愛犬のパコ

Image1960_3

参照元:The Dodo

当局はブラックさんの死を引き起こした容疑者の捜索を続けているそうです。

事件の早期解決を願うと共に、亡くなられたケリーさんのご冥福をお祈り致します。

また、残された愛犬パコの悲しみが一日でも早く和らぐこと願って止みません。

 

スポンサーリンク

down

コメントする




面白い乗り物

関連記事

カテゴリー



スポンサーリンク